当店について

店主ご挨拶

米は島根県内より当店のために用意された厳選されたもち米。作る人が日々心を込めて作られた米だけを使っています。食味、粘り、つや、何をとっても最高級品です。
水は斐伊川の伏流水を備長炭入りの水瓶に一昼夜以上ねかし、生命力を高めた水を使います。
このもち米と水だけを原材料としたできた「餅」を職人が心を込めて丸めたり、餡を包んだりして生きた餅が出来上がります。
良い餅は、搗きあがると臼の中でまるで地球のように中心に向かってギュッとしまっています。表面は決め細やかで触るとツルツルしています。これが「餅」の一番おいしい瞬間です。
この「搗きたての餅」の風味をご賞味頂きたいと思っています。
そのためには、少々手間がかかりますが煮たり焼いたりしてお召し上がりください。一度さめた「餅」は、例えれば仮死状態になっています。これを火力エネルギーを与えることにより再び生まれ変わり生きた「餅」になります。つまり「搗きたての餅」になるのです。
それに醤油、砂糖、黄な粉、バターなどを軽く味付けをしてお召し上がりください。いっそうおいしく食べて頂けると思っています。
当店は餅のほかにも赤飯、おはぎ、笹巻などもち米を食材とした出雲地方の食べ物を製造販売いたしております。
季節の祝い事、人生の節目の祝い事などおめでたい行事の内祝いとして、また記念式典やご法事などにもご利用くださいますようお願い申し上げます。

糸賀製餅店の歴史

昭和 51 年 2 月 創業