冷凍したおもちの食べ方

レンジで簡単解答
1. 冷凍おもちを耐熱用の皿に入れ重ならないように並べ。おもちがかくれるまで水を注ぎます
2. 600W で 3 ~ 4 分加熱します(おもちが水からでているとうまくできません)

※家庭のレンジ、もちの大きさ、数により時間は多少かわってきます


フライパン解凍
1. フライパンに大さじ 1 の油を入れる【中火】
2. 冷凍のままのおもちを入れフタをして 1 ~ 2 分待つ
3. もちが膨らんで焦げ目がついたら裏返す。両面を焼く


自然解凍
1. 冷凍庫から出し常温で置く

自然解凍が一、うまくできないのは餅が乾燥しているからです。
大切なのは、餅の冷凍方法です。食べきれないと思ったらすぐ、急速に冷凍する。できればマイナス 20 度くらいで冷凍できれば、水分が逃げないうちに凍ります。
また、冷凍庫の中でも日々乾燥しますから、通気しない保存用ポリ袋に入れておくことです。ポリ袋には空気を通すもの、通さないもの、ジップロックできるものなど色々あります。


おはぎの冷凍保存・解凍
・冷凍方法
ラップで 1 つずつしっかり包んでからタッパーやジップロックなどに入れて冷凍しましょう。
日持ちは 1 ヶ月程度ですが、冷凍庫に入っている期間は短い方がいいです。早めに食べましょう。

・解凍法
冷凍保存をしたおはぎを食べる時には、電子レンジで 1 分ほど解凍してから自然解凍がおすすめです。気温に寄って時間は変わってきますが、9 月のお彼岸の頃なら自然解凍の時間は 30 分~ 1 時間ほどかと思います。
おはぎを冷蔵庫で保存するとご飯の部分が白く固くなってしまいますので、室温が 20 ℃程度なら翌日までタッパーなどに入れて空気に出来るだけ触れないようにして常温で保存しましょう。
すぐに食べられない場合は冷凍保存の方がいいですが、冷蔵庫で保存したい場合は、野菜室に入れましょう。冷蔵庫で保存して、固くなってしまったおはぎをやわらかくしたい場合は、短い時間電子レンジで様子を見ながら温めるか、蒸すといいでしょう。
おはぎの保存はどうしても食べきれない、仕方がない場合のみにしましょう。やっぱり美味しく頂けるその日のうちに頂くのが基本です。