おもちは焼くとなぜ膨らむか

もちの成分はでんぷんからできています。焼くとでんぷんがもちの中にある水分を含んで、ねばりのあるやわらかいものになります。これがのびてゴムのようになります。また、もちの中の水分は、おもちを焼くことで温められて水分が水蒸気になります。水は水蒸気になると体積が増え、おもちの中に納まりきらず、風船のようにふくらみます。よくついたもちほど、よく水分が入り込み、よく膨らむといわれています。糸賀のもちはよく膨らみます。