丸もち、切り餅、角もち違いは?味は?

関東では四角い餅が使われ、関西では丸い餅が使われています。関東でよく使われる角餅は、切り餅とも言います。板状にしたのし餅を切ったものを指します。前は関東関西関係なく、お雑煮には丸餅が使われていたそうです。その由来にはいろいろな説がありますが、望月や鏡を模したからというのが有力なようです。

切り餅は合理的だった。江戸は他の地域に比べると人口が多く、いちいち餅を丸くすることが不都合でした。それによって江戸では大量に餅を生産するために切り餅が使われるようになり、関東に広まりました。ひとつずつ作る丸餅と違い、切り餅はのし餅さえ作っておけば、あとは切ってしまうだけなので便利です。