一升もち、鏡餅の切り方

一般的に 1 月 11 日の鏡開きの日に下げて、その後ありがたくいただきますが鏡開きまでの期間飾るので、鏡餅は乾燥して硬くなります。そのままだと、切るのはとても大変です。
その上、鏡餅には歳神様が宿っていますので、ほんらい包丁で切ったらだめなんです。縁起でもないということになります。本当は木槌や金槌で叩いて割るとされていますが、なかなか固いお餅相手にはうまくはいきません。鏡餅を食べることで一年の無病息災を願うことができるので、ただお正月飾りとして飾るだけではなく、最後まで食べてこそが鏡餅です。そこで、包丁以外のものも活用しながら鏡餅を切る方法をご紹介します。

「切る」ではなく「開いて」食べよう !
鏡餅を下げて食べることをどうして「鏡開き」というのか、鏡餅を飾る風習は武家から始まったことといわれます。武士にとって、刃物で切るのは切腹を連想をさせること。そのため、鏡餅は包丁で切るのではなく、手か槌で割るようになったとか。さらに、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使うようになったそうです