鏡もちの開き方

1 鏡餅を半日くらい水に浸けておく。
この水に浸けておく時間は、鏡餅の大きさによります。耐熱容器に鏡餅を入れてラップをして、電子レンジで加熱して、八分どおり柔らかくする。
鏡餅の固さや大きさによって加熱時間が異なるので、適当に時間設定をして、電子レンジの中の様子を見ながら、加熱していきます。お餅が膨らんでくる様子が外から見えるので、おから目を離さずに観察していて、八分どおり柔らかくなって、手で千切れるくらいの固さになったら OK です。
温め過ぎは厳禁 ! 固さの目安は、お餅の表面は固くてもお餅の内部が消しゴムの固さくらいになるまで、気持ち少し固めで。一升餅でも加熱することで柔らかくなりますので、あまり力がなくても切れる様になります。
お餅は温めすぎると溶けてしまい、包丁できれいに切れなくなりますので温め過ぎないでください。ま大きめのお皿に載せたら、ラップをせずに加熱します。
レンジにも寄りますが、500W で 5 分が目安です。

2. 耐熱容器に鏡餅を入れてラップをして、電子レンジで加熱して、八分どおり柔らかくする。
鏡餅の固さや大きさによって加熱時間が異なるので、適当に時間設定をして、電子レンジの中の様子を
見ながら、加熱していきます。お餅が膨らんでくる様子が外から見えるので、お餅から目を離さずに観察していて、
ちょっと膨らんできたら、停止ボタンを押して、お餅を取り出してみて、その固さを見てみます。まだ固いようだったら、また 10 秒くらい加熱してみます。これを繰り返して、お餅が八分どおり柔らかくなって、
手で千切れるくらいの固さになったら OK です。

3. お餅を水で冷まして、適度な大きさに、手で千切る。
大きな鏡餅は、このようにしても、まだ中が固いことがあります。そんなときは、中の固い部分を、さらに一晩水に浸けておき、また、同じように電子レンジでチンしてみてください。このようにすれば、固い鏡餅でも簡単に柔らかくなり、手で千切れるようになりますね♪


「電子レンジで簡単におもちがカット出来る !? 」
乾燥しすぎたおもちは、電子レンジは水分を蒸発させるので、ぱさぱさになるので、その場合は、少し水分が多く残る様に、弱めに絞ったタオルに包み 15 分経ってから、タオルを外して電子レンジ 500W で 4 分加熱します。
包んだままではタオルに鏡餅がついてしまいます
加熱が足りない場合は、30 秒ずつ追加で加熱をしましょう。もしくは、大きなボールに水を入れて、1 ~ 2 時間程度、鏡餅を浸してから電子レンジで加熱する切り方もあります。
見た目にもひび割れがひどい様なら、水につける方が鏡餅も切り方としては簡単です。


「ぬれタオルで包むともっと簡単に切れる」
乾燥しすぎたおもちは、電子レンジは水分を蒸発させるので、ぱさぱさになるので、その場合は、少し水分が多く残る様に、弱めに絞ったタオルに包み 15 分経ってから、タオルを外して電子レンジ 500W で 4 分加熱します。
包んだままではタオルに鏡餅がついてしまいます
加熱が足りない場合は、30 秒ずつ追加で加熱をしましょう。
もしくは、大きなボールに水を入れて、1 ~ 2 時間程度、鏡餅を浸してから電子レンジで加熱する切り方もあります。
見た目にもひび割れがひどい様なら、水につける方が鏡餅も切り方としては簡単です。