島根のお雑煮

隠岐
さばだし雑煮

松江、出雲地方平野部
小豆雑煮で新年を祝います。
煮た大量の小豆汁の中にもちを入れ煮込みます。食べるときに砂糖をかけるお汁粉風のお雑煮です。

松江、出雲地方全般、奥出雲
昆布とといりこのだしに、しょうゆで味を付けてもちを煮て、隠岐同様に岩ノリをかけます。岩ノリの雑煮はほかに石見地方の日本海沿岸にも伝わっています。

大田
醤油汁に錦糸卵、かまぼこ、せり (ほうれん草、小松菜) のり
石見地方で広く食べられているのが、煮た丸もちにしょうゆのだしをかけ、黒豆を載せた黒豆雑煮。
山間部では焼いたアユをだしに使い、江の川流域では干しアユのだしのすまし汁に焼もち、豆腐やこんにゃくを入れ、ノリをかけます。

邑南、美郷町近辺
殻付きのハマグリを載せた雑煮が見られます。

瑞穂
(1 日目と 2 日目が違います)