お雑煮について

お正月といえば『お雑煮』。
一年の無事を祈りお正月に食べる伝統的な日本料理であり、沖縄を除く日本各地でお雑煮を食べる風習があります。
餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物でした。
そのため新年を迎えるにあたり、餅をついて神様にお供えをしました。
そして元日にそのお供えをお下がりとして頂くのがお雑煮です。
「雑煮」の語源は「煮雑 (にまぜ)」で、そのお下がりの色々な具材を煮合わせたことが起源だそうです。
お雑煮を食べる際には旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。
お雑煮の歴史は古く、室町時代頃にはすでに食されていたようです。
当時、餅の原料である米は高価なものであったため、一般庶民のお雑煮には餅の代わりに里芋が入っていたとされています。

東西南北での違い
餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物でした。
そのため新年を迎えるにあたり、餅をついて神様にお供えをしました。
そして元日にそのお供えをお下がりとして頂くのがお雑煮です。
「雑煮」の語源は「煮雑 (にまぜ)」で、そのお下がりの色々な具材を煮合わせたことが起源だそうです。
お雑煮を食べる際には旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。
お雑煮の歴史は古く、室町時代頃にはすでに食されていたようです。
当時、餅の原料である米は高価なものであったため、一般庶民のお雑煮には餅の代わりに里芋が入っていたとされています。

東西でのお雑煮の違い
餅 : 丸餅 / 角餅
汁 : すまし汁 / 赤味噌仕立て / 白味噌仕立て / 小豆汁

丸もち、角もち、切り餅の違いは関西地方では丸餅、寒冷地や東京周辺は角餅を使う傾向があります。
お雑煮が庶民に根付いた江戸時代、江戸には人口が集中していました。
そのため一つずつ手で丸める丸餅より、大きな餅をカットすればよいため手間がかからず量産しやすい角餅が広まったと考えられています。
一方、関西では昔から「円満」の意味を持つ縁起ものの丸餅が使われていました。
関ヶ原の合戦の影響で、岐阜県関ヶ原を境に西日本が丸餅で東日本が角餅に分れたという説もあります。
ほかに、餅を焼くか煮るか、これらは江戸と京都のどちらの影響が強いかによって分かれていると考えられています。