お雑煮の汁について

日本全体ではすまし汁仕立てがほとんどです。

関西地方と四国の一部では白味噌仕立てで、出雲地方や能登半島の一部などでは小豆汁のお雑煮


雑煮に入れるもちは焼くの ? 煮るの ?
雑煮に入れる餅は地域ごとに差異があり、日本の地方による食習慣の違いを表す例としてよく持ち出される 雑煮に入れる餅は汁に入れる前に焼いて香ばしさを意図したものと、生のまま汁に入れて煮るもと地域、家庭により違うが、餅を焼かない地域は、関西地方、広島を除く中国地方が多い。元旦は焼かずに食べる家庭も多い。

雑煮の具材は土地によってかなり異なり、基本的にはその土地の産物が入ります。
山村なら山の幸、漁村なら海の幸が盛り込まれますが、逆に山間部などでは普段手に入りにくい塩ブリなどをお正月ならではのごちそうとしてお雑煮に入れることも多いようです。